第907回モーニングセミナー 講話者:米澤 忍 大阪府倫理法人会 普及拡大委員長(作成:元木史子幹事)

令和3年2月9日(火)本日のモーニングセミナー講話者は “普及の女神”として、大阪では超有名人である米澤 忍氏。

倫理法人会に入った頃の自分はトゲトゲして今のような謙虚さは無く感謝の念も少なかったと振り返り、 倫理との出会いが無ければ、今のような生き方は出来ていなかったと爽やかな笑顔で語られる米澤氏。 美しく、優しく、かつ芯が強くて仕事が出来そうにお見受けするが、やはり何に取り組んでも責任感と集中力と運のおかげで大きな成果を成し遂げて来られたそうです。 けれどその成功はいつも長続きせず、何度作り上げても自分の手からこぼれ落ちて失ってしまう。
いったい何がいけないのか。。。 倫理指導を受け、自分の根っこの部分が整っていない事に気づく事になる。 いくら枝や葉を茂らせても、根っこが張っていないと木は倒れてしまう。。。

「父親に会えるなら会ってこい。」

育ててもらっていないのだから自分の場合のそれは「例外」。 申し訳ありませんがそれは出来ませんと最初は断ったそうです。 けれどつくづく、顔かたち、体格、数えればきりがないくらい父親ゆずりだと改めて気づかれ、米澤さんはお父様との再会を決意されたのです。 それは欠けていた部分を修復するための重要なミッションだったようです。
これまでの苦難や出来事はすべて今に至るための大切なストーリーであり「これが良い」と明朗に受け入れる実践により運命を好転させてゆかれたという痛快なお話でした。
米澤さんから貴重なギフトを手渡されたような、そんな珠玉の時間だったです。

「学びは一生」 倫理の先輩にこんな素敵な女性がおられる事を心から嬉しく思った朝でした♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です